HeronBlog

マーケティングとWeb制作に関するあれこれ。

SNSで注目されるには、コンテンツの質だけでなく、注目される場に取り上げられることが重要かも

以前、このようなエントリを書きました。

noteであるエントリを書いたところ、多くのいいねがつき、それについて書いたものです。
実は、そのあとにまた別のnoteのエントリで多くのいいねを集めることができ、やはり同じようなことを思いました。単にnoteでということだけでもなく、SNSでの注目集めることに共通することかと思いました。そのことについて、まとめてみたいと思います。

noteの場合

公式マガジンに取り上げられる

前述のこのBlogのエントリでも、多くのいいねがつきましたが、そのあとにもう一つ多くのいいねがついたものがありました。数でみると、こちらのエントリの方が多く集めましたね。

好きが現時点で272と、過去の私のエントリよりも段違いに多くいいねを集めました。(普段のエントリはだいたい1桁・・・)
なぜ、こんなに多くのいいねがついたか、というと、note公式のマガジンに取り上げられたからです。具体的には、こちらですね。

#音楽、と、今日の注目記事、に取り上げられて、多くの人の目に触れることができました。そして、それに加えて、こちらにも取り上げられました。それによって、公開から少したっても、またいいねを押してくれる人が増えました。

今週の5選に選ばれたのは、我ながらすごいなw

正直、コンテンツの質が他のエントリよりも優れているとも正直思いません。飲みながら適当に書いたものですし、今見てもちょいちょい間違えてますし。ただ、なぜなのか、マガジンに取り上げられたことで、表示回数は劇的に増加して、それによって多くいいねがついた、ということだと思います。
コンテンツの質がよく、いろいろな人に拡散されていいねがついていった、ということとは、少し違うかたちであるということかと思います。

twitterの場合

メディアのアカウントにリツィートされる

twitterは、あんまりフォロワーも多くないので、そんなにいろいろ言えるものではないのですが、最近多くいいねがついたのはこちら。

ノエル・ギャラガーさんのインタビューのリンクを載せたツィートについて、リツィートしつつコメントしたものが、多くのいいねを集めました。

これは、ツィートしてすぐは別に反応はなかったものの、その後このインタビューをしたメディアのアカウントにリツィートされて、そこから多くの人の目に触れてどんどんいいねが付き始めました。

これも、ツィートとしては、引用だし、たいした意味のあるコメントをしたのでもないというのが正直なところですが、表示回数が段違いに多く、それによって多くいいねがついた、ということかと思います。
たまに、テキストのみのツィートで、多くの注目を集めるものって結構ありますが、他の人がリツィートしてどんどん拡散されていいねも多くつく、ということがあるかと思いますが、これは最初の段階で、フォロワーが多いメディアに取り上げられたことがその理由だったかなと思います。

Instagramについても書こうかと思いつつ、インスタはハッシュタグの意味が多いような気がして、今回のエントリとはまた違うかなと思って一旦パスかなと思いました。
いいねを集めるのが目的でやっているわけではないんですが、やっぱり目に見える効果があると、やる気の面でもだいぶ違うかなと思います。炎上は別にしたくはないですが、多くの人の目に触れてもらえるように、なにか書いていければと思います。

twitterをみて、マーケティング職のキャリアについて考えた

twitterを見ていて、マーケティングのキャリアについて、なかなか考えさせられるツィートがありました。

前者、野崎さんのツィートより、職種としては伸びていて、需要>供給という状況で、今後も同様に需要があり続け待遇も昇り調子になる、という感覚があるのは、自分も同様の職種についているので分からないでもないです。ただ、状況はある日ガラッと変わる可能性があるし、自分が持っていたスキルがあっという間に陳腐化する、ということも起きようと思います。
また、資産運用のシュミレーションがなく・もしくは楽観視している人が多い、というのはなかなか重要と思います。短期的なキャリアの積み重ねだと、フローとしての給与の上がりだけでなく、ストックを積むということは重要かと思います。単に貯金の多少だけでなく、資産蓄積のプランニングをする必要があると思います。

後者のツィートについては、もっと刺さりますね。自分自身転職回数も多く、周りの人間でも転職を繰り返している人も結構いる中で、雰囲気的にそういうものかとも思ってしまうところがあるというのも事実ですが、当たり前ですが同様の状況が続くはずもないです。結果的にどういう職業人生を送るのか?と思ったときに、ジョブホッパー的なキャリアで結果的に何もなし得ていなかったとなるとなかなか寂しいですね。転職する・しないで良し悪しは別になく、自分が納得しているかどうかだとは基本的に思っていますが、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。