HeronBlog

マーケティングとWeb制作に関するあれこれ。

Google謹製のWordPressプラグイン「Site Kit」+Adsenseの自動広告の組み合わせを利用してみる

WordPressのプラグインにもいろいろありますが、Googleが作ったプラグイン「Site Kit」がなかなか便利です。

Site Kit by Google

これは、自身のGoogleアカウントと連携して、Googleの各ツール、GoogleAnalyticsやGoogle Search Console、Google Adsenseなどの結果などを、WordPress上で確認できる、というものですね。
個人的には、GoogleAnalyticsやGoogle Search Consoleなどの計測ツールは、別途レポートとかGoogle DataStudioなどを使って見てるので、各管理画面で見れなくてもいいんですが、たまにぱっと見るくらいであれば、これでいいですね。

そして、個人的には、Adsenseの使い方について、Googleの公式のこのツールを使うとうまくできると思っています。以下がその使い方について思ったことです。

非公式のプラグインを使わずとも、楽にAdsenseコードを設置できる

今まで、Adsenseをサイトに設置するのに、いろんなプラグインを使って設置してました。ショートコードを置くようなやつだったり、設置場所を選ぶものだったり・・といろいろでしたが、うまく動作しなかったり、適切な表示にならなかったものもあったりしましたが、この公式プラグインを使うことで、余計なストレスを感じなくなった気がしますね。

GoogleAdsense自動広告との連携もスムーズ

GoogleAdsense自動広告とは、設置する箇所とかを決めるのではなく、Googleの実績などを踏まえて、表示箇所とか表示する広告内容とかをGoogleのAIを使って調整しつつ表示させる、というものです。設定としてはGoogleAdsenseの設定をオンにしつつサイトにAdsenseのコードを貼る、という作業が必要ですが、このSiteKitを使うと、アカウントの連携だけで自動広告が表示されるようになるので楽ですね。公式プラグインということでのスムーズさがあったと思います。

一旦この2つです。Googleも公式プラグインを出すなど抜け目ないなと思いましたが、やはり便利かなと思います。目下、自分のサイトには漏れなく設置中なので、よりよりアップデートを期待したいですね。

noteのネタに詰まったら、画像を投稿してみる

noteを使い始めてしばらく経ちます。どういう立ち位置のメディアとして使うかはいろいろと悩みどころですね。自分でドメイン管理してるブログやってるとなおさらです。

更新したいけどネタがない!となっているときに、noteはテキスト以外にも動画とか音声とか画像とかのコンテンツも投稿することができます。
今まで撮りためてる画像をうまいことまとめて、コンテンツにしています。こんな感じ。

これだと、今まで取った画像を基に再編集して、画像コンテンツとして投稿することができます。フロー的なInstagramともまた違ったややストック型のコンテンツにできますかね。

どのように画像を拾っているか

もう、使っているツールはGoogle Photoです。ここで、テーマとなるキーワードで検索かけて、画像を一旦ダウンロードしたうえでnoteにアップし、キャプションとかつけてコンテンツにする感じです。
まあこれで何かのコンテンツになるのか?とも思いますが、割と過去のテキスト中心のコンテンツと同じくらい(一桁だけど)のスキ!を集められてるってことで、何らか反響を得られることがあるのかなと思います。

画像をコンテンツにすることで思うことは、やっぱり画像の質ですね。スマフォでももちろんいいんですが、持っているミラーレス一眼で取った画像は、やはり解像度とか綺麗さの印象とか、一段階違うように思います。技術的なことは全然知らないんですが・・・。

まずは質より量!まずはアウトプットしてみる、ということで、行ってみたいと思います。

競馬にデータ分析を利用してみる

※この馬はサラブレッドではなく、ポニーです。

最近、競馬をよくやっています。よくやるようになったのここ1年ほど。会社の同僚と話していて思い立ち、ネット投票の即patに申し込み、ネットから投票券を買っています。

買い方について、始めた当初は勘というか闇雲に買っていた感がありましたが、ちゃんと何かに基づいて予想しようと思い立ち、JRA公式サイトのデータ分析コンテンツをよく読んでみようと思いました。

このメニューですね。

G1からG3くらいのグレードのレースだと、レースのコンテンツページができます。そのメニューの1つにデータ分析というメニューがあります。それを見ながら予想しますね。

このデータ分析メニュー、過去5年〜10年程度のレース結果から得られた傾向を、テキスト形式で書いてくれています。例としては前走の着順や直近出走したレースの結果からの傾や位置どり、有利な馬の年齢など複数要素に渡ります。出ている分析結果をpcに書きつけながら考える、というのがいつものスタイルです。

この分析を使って予想するときの考え方について、どうであれこれも分析なので、決まった見方をしていることに気づきました。それを書いてみたいと思います。

因果関係でなく対応関係であることを理解する

過去の結果から考察されているということで、あくまで傾向で、そうなる確率が高い、
ということです。ついつい、きっとそういう結果になる!と期待を込めて思ってしまいますが、確率のうえで述べられていることはまず考慮しなくてはいけないと思います。

分析結果以外の要素も考慮して予想する

このデータ分析では、先に述べた項目について分析されていますが、
それ以外の項目についても考慮して考える必要がありますね。
例えば、競馬の予想をする際の基本的な項目とも言えますが、

  • 馬場の状態(天候)
  • 騎手との相性
  • コースは右回りか左回りか
  • レースの距離
  • などですね。ここでのポイントは、分析する際には、複数のデータを組みあわせて、別の視点からも考察してみる、ということかと思います

    過去の結果について、例外事項がなかったか考慮する

    出馬表などで、過去のレースの結果を参照する場合もありますが、例外的な結果となった場合は、別途考慮が必要です。例えば、昨年の安田記念のアーモンドアイ、圧倒的な一番人気でしたが、スタートで数番外にいた馬が中に入り込んだためにスタートで遅れ、後で大分追い込んだものの3着に終わりました。単に結果だけみると惨敗
    今後のこういうレースもどうか?となります、背景を理解してまた同じようなアクシデントがなければいけるのでは、ということも言えます。

    まああまり詳細な分析というよりは、割と当たり前のことではあるものの、ちょっと書いてみました。競馬はまあ楽しんでやりつつ、分析的な視点は持ちつつでやりたいと思います。

    Instagramを基にコンテンツを作っていく

    これ以外のBlogや最近はじめたnoteなどで、Instagramを基にコンテンツを作っていくことがまあまああります。

    自分のInstagramをやるうえでのスタンスとしては、なんとなく気になったことを撮って投稿したり、食べたもので見た目が映えそうなものを撮って投稿していく、という感じですが、投稿することも自分なりのクセみたいのもあり、それをまとめてみるとなんとなくコンテンツになるかなという感じでした。

    投稿したのはこちら。
    【雑記その26】富士そばのラーメンに無理やり天ぷらとか載せるのが好き|Morayblog

    最近よく富士そば行くんですが、ラーメンを食べてるんですが、なんどか投稿していると並べてみると面白いかと。

    昨年買ったアナログレコードを列挙してみる|Morayblog

    レコードをよく買って聴いてますが、それもログがてら投稿してます。それをまとめてみるとレコード聴いたぞというログになりました。聴くときは写真取る、みたいな習慣にしていると、記録が溜まってきていい感じです。

    伊勢山公園から見る風景 | Morayblog

    これは江ノ島の風景ですね。自宅近くの公園に行って、よく江ノ島の風景を撮っているのですが、それをまとめたものです。同じ風景なので大きくは変わらないんですが、季節とか天候とかで微妙に違った感じになって、違いもあって良いなと思います。

    この投稿をInstagramで見る

    #江ノ島 #江の島

    Kentaro Shirai(@plusunfield)がシェアした投稿 –

    特急ロマンスカーを食堂として活用する|Shiraken|note

    これはnote。時間なくて駅弁買って食べることが最近あるんですが、それをまとめちゃえ、という感じにしました。意味があるかどうかは別として、見る人が全然いないというのではないかなと。

    最近のラーメン|Morayblog

    これも食べたものの画像。ラーメンはしょっちゅう食べてて結構投稿してます。見た目も美味しそうなので、Instagram向きですね。ただまとめただけっていう。

    コンテンツ作ることをありきで投稿していたわけではなかったのですが、ログ的に蓄積していったものがコンテンツになるかなと思ったので作っていった感じです。SNSとしては、画像というフォーマットの特性を考えて、他のSNSよりもコンテンツ化しやすいものかと思います。引き続き、ある意味無心に投稿はつづけていきたいと思います。

    noteが独自ドメインのブログより優れている点とは

    noteの勢いがすごいですね。主にtwitterですが、メインのアウトプットはnoteという方も、見ている範囲だと大分多いような気がします。
    という私も、noteをフォローするためにアカウントを作り、そこで自分のnoteを公開できるということで、noteで何か書いてみることにしました。ただ、自分のブログを複数持っており、そこでのコンテンツとどう住み分けるかを考えるといろいろです。ということで、ひとまず独自ドメインのブログとnoteとの違い、noteのメリット/デメリットを考えてみたいと思います。

    まずは、noteの特徴、メリットについて

    noteの特徴・メリット

    note内での強固なレコメンデーション

    気に入った方のnoteを読むと、コンテンツ下部にレコメンデーション的に他の方のコンテンツがでてきますね。(こちらもおすすめという機能ですか)ここで、新たな著者との出会いもあり、突発的に出会わせるのもSNS的かなと思います。コンテンツとの関連性はそんなに強くない気もしますが、なんか読んじゃいますね。

    ソーシャルメディアとの連携が容易

    主にtwitterとの連携ですかね。まだ自分でnote書いてないので、詳細な仕様を確認しているわけではないのですが、twitterみていてツィートに埋め込まれているnoteをみると、ちゃんとOGPが設定できるようになっていて、画像、noteのタイトル、ディスクリプションがいい感じで表示されて、クリックして読んでみようと思うようになってます。ブログよりもカジュアルに書かれている感じもして、コンテンツの分量も推測しやすい感じがするのでついつい読んじゃいますね。また、noteだけでの拡散は限界があるとは思いますが、twitterでの拡散で増幅されるイメージがありますね。

    考えられたマネタイズの仕組み

    コンテンツは無料/有料両方ありますが、単体でもnoteをまとめたマガジン単位でも有料化しやすい想定になっているのは感じますね。読む方だと、先に書きましたが、どうしても読みたいと思うnoteには課金してでも読んでしまう、という気になります。ブログだと、Adsenseであるとかアフィリエイトであるとかなんらか他のサービスを絡めたうえでのマネタイズするかたちかと思いますが、noteはコンテンツそのものをマネタイズさせる仕組み、かつユーザがスムーズに支払いできる仕組みも考え抜かれているように思います。

    続いてこれ。

    noteの懸念点・デメリット

    もしサービス閉じたらどうなる?

    自分でコンテンツの置き場を管理する独自ドメインのブログじゃないサービスを使うと、おのずと上がってくることではありますが、もしnoteがサービス閉じたらコンテンツってどうなるんだっけ?というのは常に考えておくことかと思います。今は盛り上がっていますが、どうなるかというのは予測不能ですし。

    note内での規約変更によるコンテンツへの制約

    これも自分で投稿してないので詳細は実感していませんが、もしnoteの規約が変更されたら、投稿したコンテンツが規約に合っている/合っていない、ということで、コンテンツが消されるということも考えうると思います。あくまでプラットフォームの中でのコンテンツなので、プラットフォームの意向に左右されるかと思います。

    オーガニック流入はあまり見込めない?

    独自ドメインだから流入多くなるとは一概に言えませんが、ページのドメインがnoteドメインなだけに、独自のコンテンツとは言えず自分のnoteに対する検索エンジンの評価は必ずしも高くないかと想像してます。noteへの評価は高いとは思いますけどね。先に、twitterをはじめソーシャルメディアとの連携が強固な分、主な流入としてはプラットフォーム内やソーシャルメディア内からの方を重視しているのかなというふうに思います。

    まとめてみましたが、まずは使ってみたいですね!

    twitterをみて、マーケティング職のキャリアについて考えた

    twitterを見ていて、マーケティングのキャリアについて、なかなか考えさせられるツィートがありました。

    前者、野崎さんのツィートより、職種としては伸びていて、需要>供給という状況で、今後も同様に需要があり続け待遇も昇り調子になる、という感覚があるのは、自分も同様の職種についているので分からないでもないです。ただ、状況はある日ガラッと変わる可能性があるし、自分が持っていたスキルがあっという間に陳腐化する、ということも起きようと思います。
    また、資産運用のシュミレーションがなく・もしくは楽観視している人が多い、というのはなかなか重要と思います。短期的なキャリアの積み重ねだと、フローとしての給与の上がりだけでなく、ストックを積むということは重要かと思います。単に貯金の多少だけでなく、資産蓄積のプランニングをする必要があると思います。

    後者のツィートについては、もっと刺さりますね。自分自身転職回数も多く、周りの人間でも転職を繰り返している人も結構いる中で、雰囲気的にそういうものかとも思ってしまうところがあるというのも事実ですが、当たり前ですが同様の状況が続くはずもないです。結果的にどういう職業人生を送るのか?と思ったときに、ジョブホッパー的なキャリアで結果的に何もなし得ていなかったとなるとなかなか寂しいですね。転職する・しないで良し悪しは別になく、自分が納得しているかどうかだとは基本的に思っていますが、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

    イベントマーケティング(展示会)に出て思ったこと

    先日、下記の記事を読みました。

    SmartHRという人事労務系のWebサービスを運営されている方のnoteで、イベントマーケティングの大切さについて述べられています。ユーザとの距離が縮まる、というのは確かにそのとおりかと思います。

    私は前職のWebサービスのマーケティング職時代に、年に2回程度展示会に出展していました。その時は人的リソースもなく、自分ひとりで企画からチラシ・パネルほか販促物の作成、配送の手配、搬入と設営、当日の呼び込みと商談、片付けと撤収、など、全てをやっていました。なかなか大変でしたね。少し時間が経ちましたが、その際どう思ったか、を書いてみたいと思います。

    他のブースと比較される

    参加者として行くと分かりますが、会場内を歩きながらどんなブースでなんの展示なのかな?と思いながら見ていて、目についたところをよく見る、という感じになります。そういう意味でぱっと目を引くようなブースは大事ですね。
    私が出していたブースは、先に書いたとおりいろいろな手やらお金が足りず、手作り感満載でやっていたので、小綺麗とは言えなかったかな…でもその分同情的に見てくれた人もいたかなと

    利用者とかファンに会える

    出展したのは特定の業界向けの展示会で、自社で出しているサービスを利用していてもらっているお客さんとか、サービスを知っている人に声を変えてもらうことも多々ありました。直にお客さんと触れ合う営業職ではなく、ある意味空中戦をしていたマーケティングだったため、直接声をかけてもらえるのは新鮮で楽しかったですね。

    対費用効果がすぐ出る

    出展する前に、かかる費用(ブース、販促物、配送など)と得られる効果(行えた商談からの受注、そこから得られる売上)を計算して試算していました。声を変けた数→名刺もらえたり商談できた、アポ取れた数などの結果が数日のうちにでるので、そこは早いですね。

    各社がどれくらいの意欲を持って展示会に出ているかが分かる

    これが一番のポイントですかね。
    ブースをだしている各社は、担当スタッフが呼び込みをするんですが、その声をかける姿勢でどの程度この展示会に賭けているか、が分かるような気がしました。
    単純に言うと、誰もが知っている大企業は積極的に呼び込みせずぼーっと立っていることが多い、名がしれていないベンチャーなどは、かなり積極的に声を変えている、という印象です。
    大企業は確かに名前は知られていますが、積極的に声を掛けてこないと特に気に留めないということにもなります。そのあたりは動機がないと積極的にはやらない、ということですかね。

    ちょっと思い出して書いてみました。また行くなり出すなりして感じることがあるといいなと思います。

    古河気合筋肉というプロモーションが面白い

    先日、電車内の広告で、下記のような広告を目にしました。

    古河気合筋肉?と思いましたが、古河機械金属という会社が、おもしろコンテンツとして作ったサイトというかネーミングだそうですね。「古河機械金属はこれからも社会の筋肉として「Power & Passion」を胸に走り続けます。」とあり、骨太な会社のイメージをなにか面白くして展開してる感じなんでしょうか。

    とはいえ、目にして?と思って、結構目をひくコンテンツですよね。

    話題の筋肉体操と関係あるの?と思った

    流行りに乗って作ったコンテンツか?と思いましたが、ページ見ると2017年10月から展開してるってことで、こちらのほうが古いですね。(wikipediaによると、筋肉体操は2018年8月から)真似して作ったコンテンツではないのが好感を持てます。

    突飛なネーミングでSEOにも強そう

    完全な造語だと思うので、競合するキーワードもなさそう。広告内には、検索窓で「古河気合筋肉」とありましたが、ページがちゃんとあれば、他社に負けることはなさそうですね。

    動画コンテンツも豊富でかなり本気

    再生数別に多くないけど、それでもやり続けているのは嫌いじゃない。

    ブランディング目的でやっているのだと思いますが、お茶を濁している感なくていいですね。少なくとも私はいろいろと調べたので覚えました。2019年9月の電車広告はJR湘南新宿・上野東京ラインと、京成線、東京モノレールで掲載ってことで、またどこかで目にしたいと思います。

    ▼参考URL
    古河気合筋肉オフィシャルサイト − 古河機械金属

    「変なホテル」に宿泊して気づいたことあれこれ

    先日、愛知県蒲郡市に旅行に行きました。その際「変なホテル」に宿泊しました。
    泊まったのはこちら。

    ちょっと噂とかサイトとかでどんなホテルかは少しは知っていましたが、実際行っているとなかなか興味深いところもありました。
    マーケティングでの観点とは少し違いますが、ちょっと気になった所を書いてみたいと思います。

    嫌味のない効率化

    まず、フロントに人がいません。恐竜が接客してくれます。

    実際は、手前の画面で操作して、チェックインとかキー発行とかをするのですが、恐竜くんが一緒に動いてくれるので、無機質感が少なくていいですね。チェックインとかの支払いとかの事務手続きはシステムでやってしまう、というのは、他のホテルチェーンでもあると思いますが、より工夫があるように思います。

    それから、ルームサービスは配達ロボットが運んできてくれます。

    よく見ると、恐竜のイラストが書いてありますね。

    注文はフロントに電話しますが(人が出た)、そこから注文した品はこのロボットに載って部屋の前まで運ばれてきます。そこで、部屋の備え付けのタブレットにコードが表示され、そのコードを配達ロボットに入力してボックスがオープンされて受け取る、という流れです。
    部屋も、中庭を取り囲んで配置されていますが、よくよく考えると、このロボットが巡りやすいような構造になっていますね。このロボット導入を前提に設計されたかもしれません。

    廊下を歩いていると、この配達ロボットが、アラーム鳴らしながら廊下を進んでいるのに何度か遭遇しました。おうおう通れ通れみたいな感じでみなさん対応してましたが、なんだか微笑ましいといえる光景でした。

    そしてホテルの象徴ともいえる恐竜の存在

    玄関入るといきなり大きい恐竜いるんで、結構びっくりします。ティラノサウルスかな。これが時間を開けて動いて、みんな写真とか撮ってました。恐竜好きの男子なんかはだいぶ好きじゃないかな。恐竜いるからこのホテル選ぶっていうのもありそうですね。

    落合シェフ監修の食事が秀逸

    朝食・夕食付きのプランにしましたが、ラ・ベットラ・ダ・オチアイの落合シェフ監修のイタリア料理でした。バイキング形式でしたが、なかなか美味しい食事が目白押しで、だいぶ楽しめました。メガホテルではないので、レストランの規模もそこまで大きいものではないですが、料理のバリエーションもそれなりに豊富でした。

    バイキングで取ったもの。どーんと豪華で目玉なやつがある、というバイキングではなかったですが、それぞれ美味しいものがバランスよくある感じでした。

    正直、有名シェフ監修っていってもどうなのかな、とも思ってましたが、結果的に大満足できました。食事が美味しいホテルも点数高いですよね。

    奇をてらってる感じなのかなと勝手な印象を持ってましたが、機能的かつ個性もある、というホテルで良かったと思います。楽しく過ごせました。

    ▼参考URL
    変なホテル ラグーナテンボス【公式】【愛知県・蒲郡】~ラグナシア直結で便利なホテル~

    変なホテル ラグーナテンボス 宿泊予約【楽天トラベル】

    旅行のあれこれを決める際にダッシュボードとなる「Google トラベル」について考えてみた

    この度、新しいGoogleのサービス「Google トラベル」が公開されました。

    Googleトラベル

    機能としては、旅行プランのほか、ホテル、目的地、フライトそれぞれでも検索できるようになっています。また、過去の旅行というコンテンツがあります。これは検索履歴、位置情報、Googleフォトのアルバムや画像の位置情報などから出したのかな。

    先日エントリに書いたように、静岡県裾野市に旅行に行きましたが、下記のような手順で、泊まるところを探しました。

  • Googleマップで目的地+ホテルと検索
  • 検索結果に出たホテル・ペンションをみて、それぞれの宿のサイトをチェックして、(サイトに空き状況が載っていれば)空き状況をチェック。載っていなければ、メールなどで問い合わせ
  • Googleマップ以外の宿泊予約メディアで、他に宿がないか、同じ日程で空きがある宿がないかチェック。
  • 結局、問い合わせのメールをしたところから、空きがあるという返信があり、そこで予約完了。
  • 基本、メディアから探さずに、Googleマップであたりをつけつつ探した感じでした。

    工程を書き出してみると、Googleマップをハブにサイトやメディアに飛んでいろいろと確認していますね。もっとさっと分かればもちろんよかったですが、今回探した地域は、予約システムが入っているような大きなホテルなどがなく、個人経営のペンションやホテルがほとんどだったため、そこで探すのにはそれなりの手間がかかりました。

    今回「Google トラベル」があって、探せたらもっと楽だったろうなと思いました。
    「Google トラベル」をハブにして、そこ自体にも情報はたくさんありますが、そこで比較・検討して、メディアに飛ばずに予約まで完結できたかと思います。
    あとは、この有用性が広まって、「Google トラベル」向けに情報をどう出していくか、ということを、それぞれの宿のオーナーなどが意識し、どのようなレビューがつくかを考慮して接客などを行い、よりここでの評価をどう得ていくか、という方向になってくると、今のような旅行代理店・旅行メディア中心の流れからは確実に変わってくると思います。

    自分としてもそのような流れになっていくのを期待したいので、ユーザとしてはこれからいろいろと使ってみてどうか、ということを考えてみたいと思います。